飯田屋が本になりました!「浅草かっぱ橋商店街リアル店舗の奇蹟」

realtenpokiseki.jpg

 

大正元年創業以来いつも飯田屋をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

このたび飯田屋は、プレジデント社様より本を出させていただくこととなりました。

その名も「かっぱ橋商店街リアル店舗の奇蹟」。

 

飯田屋にはノルマはありません。

売上目標もありません。

営業方針はまさかの「売るな」。

 

世間では型破りと呼ばれる経営をするたびに店舗の売上は急拡大、ECサイトもアマゾンをしのぐ販売数を達成しいます。

そこには廃業寸前だった古い金物屋を行列の絶えない人気店へと変身させた"シンプルな常識"があります。

 

「それ、どういうこと?」と言われるような、独特な社内ルールが多い飯田屋。

・営業方針「売るな」

・朝礼終礼は1時間

・“在庫回転率”完全に無視

・“過剰在庫“推奨

・“売上ノルマ“ゼロ

・会社の年間売上目標ゼロ

・同じことは2万回聞いてOK

・定例会議なし

これは飯田屋のルールのほんの一部です。

 

別に狙ったわけでも無くて、このルールじゃないとどうしてもダメだったという理由があるのです。

最初は"そんなのうまくいかないよ"と言われたことも、“常識をはずれるほど“に売上が伸びていきました。

 

あんなに社員の定着に悩んでいたのに “常識をはずれるほど” に離職者が減り、ずっと離職率0%の会社となりました。

 

「おまえ、なんでこんな店で働いてるんだよ。こんな店に未来なんてないだろ?」とお客様に言われた店は、様々なメディアで”奇蹟の店”と呼ばれ、世界中から料理人が集まる”料理道具の聖地”と言っていただけるようになりました。

でも少し前までは、飯田屋は今にも倒産しそうな状態でした。

僕が後継者として入った後、売上が欲しくて品質度外しの安売りをした結果、お客様は一気に離れていき、飯田屋の未来を絶望した社員たちの離職は止まらず、完全に迷走状態を続ける絶望的な状態になっていました。

やることなすことが全て空回り、何かをするのが怖くなりました。

その時に出会った3人の神様から教えていただいた、拍子抜けするくらいにとてもシンプルな常識。

その考え方に身を任せ実践するうちに、売り上げはどんどん伸び、お客様は大幅に増え、一緒に働く仲間に「ここで働けて幸せです」と言ってもらえるようになりました。

コロナ禍の今、リアル店舗は絶望的な状況の店が多い中、不要不急なものしか売っていない町の小さな小さな料理道具屋は連日テレビに取り上げられ、行列をつくる店になりました。

魔法のようなことなんて一つもありません。

本には、小さな零細企業のちっぽけで、ちょっと頼りない経営者がリアルに実践してきたことだけが載っています。

 

世の中には、誰かのうまくいったことだけが書かれているビジネス本はいくらでもあると思いますが、この本にはうまくいかなかったことが書いてあります。

そして、なぜうまくいかなかったのかが書いてあります。

良いことも悪いことも最後の1文字まで心を込めて、書きました。

ぜひご覧くださいませ!

飯田屋6代目 飯田結太

 

全国の書店・amazon・楽天ブックス等でお買い求めいただけます!

Amazonはこちら

 

飯田屋オンラインストアでは、飯田屋6代目飯田結太のサイン入り本をお買い求めいただけます!

飯田屋オンラインストア